チャイルドシート設置は子供を守る親としての責任です


育児・マタニティコンテンツマタニティー服マタニティー服の選び方育児についてchild dress dictionaryリンクプリザーブドフラワー

 



 

 

ベビー用品:チャイルドシート

チャイルドシートは乳幼児にとって、事故から身を守ってくれます。その役割はとても重要なものです。
アメリカ全州では法定により、一定の年齢や体格に満たさない小児を車に乗せる際には、小児を座席に固定させるように定められています。

この法律は各々の州によって若干異なる部分もありますが、大部分の州は4歳未満のすべての幼児たちと体重約18s未満になるお子様はチャイルドシートの規定が義務付けられています。たとえ低速でさえ、チャイルドシートをしていない子供は、事故や車の急停止によって重傷や、最悪の場合死に至ることもまぬがれません。

また、よく見られる光景でチャイルドシートの代わりとして、親が子供を抱っこして子供の身を守っているようですが、自動車事故の場合親の腕だけでは保護する強さが十分ではありません。ですから、あなた自身がシートベルトをきちんとつけて常に良い例を子供たちに教えてあげてもらいたいのです。

車内で子供を事故から守り、安全な状態を保つことは、車を利用する上でとても大切なことです。

子供が生まれ、成長に合わせて様々なベビー用品選択の場面にぶつかります。
初めてのベビー用品選びは、どんな 基準で、どんな商品を選べばいいのでしょう?
ベビー用品についてご紹介します。

No.1 チャイルドシート

平成12年4月より、6歳未満の幼児を乗せて車を運転する場合は、チャイルドシートの装着が法律により義務づけられました。

法律で義務づけられたからといって子供をチャイルドシートに乗せるのではなく、子供の安全の為に必ず着用するようにしましょう。小さな子供は、自分で身を守ることが出来ません。子供の身の安全を守れるのは大人なのです。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートは大きく3つの種類に分けられます。

乳児用
体重10kg未満、新生児から1歳くらい

乳児期は首がすわっていないため、寝かせる姿勢で乗せます。進行方向に対して後ろ向きに使用する「シートタイプ」と、横向きに使用する「ベッドタイプ」があります。

幼児用
体重9〜18kg以下1〜4歳くらい

首がすわり、自分自身で座れるころが、使い始めの目安です。進行方向に対して前向きに取り付けます。

学童用
体重15〜36kg以下、4〜10歳くらい

ジュニアシートとも呼ばれています。
おしりに敷くだけのものと、背もたれの付いたものがあります。おしりの位置を高くすることで、大人用のシートベルト(自動車についているシートベルト)が正しい位置にかけられるようにするものです。


No2.ベビーカー

ベビーカーは、大別すると乳児用のA型と幼児用のB型、両方に使えるAB型に分けられます。大切なのは、A型を選ぶかB型を選ぶかではなく、子供の成長に合わせたベビーカーを選ぶことが大切です。

A型とB型の境目はどこか、と言うのが気になる所ですが、それはチャイルドシートの選び方とほぼ同じ考えだと言えます。
首が据わって、自分で座らせても大丈夫なころが一つの境目と考えてください。
赤ちゃんによっては、成長が早くてベビーカーが窮屈になるケースもあるようです。
A型、B型という前に、子供の体のサイズに合った物を選ぶと言う事も重要です。

ベビーカー選びのpoint

@:車輪の大きさ

車輪が小さければ小さいほど、段差(歩道や車道の境目にあるもの)にひっかかることが多くなります。普通に歩いている分には段差は特に気になりませんが、ベビーカーを押していると非常に気になります。

車輪は大きければ大きいほど安定します。ですが車輪が大きければ重量が増え、同時に折りたたむ時にかさばってしまいます。

A:重さ

ある程度の重さがあったほうが、操作は安定します。
しかし、重ければベビーカーを折りたたんで持つ時には辛い思いをしてしまいます。
階段のないマンションやアパートに住んでいて、ベビーカーを畳んで持ち運ぶことが多い方などは、軽めのベビーカーがオススメです。

最近はバリアフリー化が進んでおり、ほとんどの施設や駅でもエレベーターが設置されています。

B:対面or背面

対面式ならベビーカーでの移動中でも赤ちゃんの顔が見れます。これは意外と嬉しいものですよね。
逆に赤ちゃんの側からすると、親の顔を見ていられるので安心できるという効果もあります。

C:デザイン

かわいいデザインだとお散歩も楽しくなります。特に海外ブランドのベビーカーはおしゃれで、街でも目を引く存在です。おしゃれにこだわりたいお母さんはデザインにこだわってみるのもいいかもしれません。

D:価格

ベビーカーは、高いです。有名メーカーなら5万円くらいは当たり前です。じっくり考えて買いましょう。
なお、新品にこだわる必要がなければ中古を買うという選択肢もあります。インターネットのヤフーオークションなどをのぞいてみれば、いい出物があるかもしれません。