ベビー服を賢く上手に購入するのに役立つ用語辞典を参考にしよう


育児・マタニティコンテンツマタニティー服マタニティー服の選び方育児についてchild dress dictionaryリンクプリザーブドフラワー

 



 

 

ベビー服辞典

こちらでは服に関する様々な用語について紹介しています。ベビー服の外見や質をチェックするときや、店員さんんとのやりとりなどで出てくる用語などがあると思いますので、こちらで参考にして、自分の求めるベビー服を見つけて下さいね。ぴったり合ったものじゃなきゃ、赤ちゃんもストレスが貯まってぐずってしまいますからね。

【あわせボディ】
赤ちゃん用ボディスーツの一種で前身ごろ打ち合わせてリボン結びやスナップでとめます。股はスナップするタイプの肌着のことです前と股ボタンを開けくるんで着せられるのでボディスーツのかっこよさと着せやすさをあわせもち、首がすわる前の新生児には着せやすい形です。

短肌着や長肌着と違い、股をスナップどめするので多少足をばたばたさせてもはだけません。

【おくるみ】
新生児用の正方形、または長方形などのタオル地やコットンなどでできています。正方形の一片に折り返しがあり赤ちゃんの頭ごとくるんで移動したり、お昼寝のときに下に敷いたり上にかけてあげたりするものです。

特にタオル地のものをアフガン、コットンでスムース素材でできているものをブランケットと呼んだりすることも多いようです。

【エンベローブネック】
ベビー肌着(ボディスーツ)に多く使われており、肩の部分の生地が重なり合って縫い合わされています。
襟ぐりが大きく開き、ホックなどをとめたりする手間もないので頭の大きい赤ちゃんでも着脱しやすくなっています。

【カバーオール】
首から、足まで全ておおってくれる服の事です。足先まですっぽりおおうものが欧米では主流でおしゃれです。日本ではメーカーによってはボタンのつけ方をかえてベビードレスにもなり、カバーオールにもなる兼用ドレスのことをさしたりもします。

【スタイ・ビブ】
よだれや食べ物がベビー服などにつかないようにするためにつけるよだれかけのことをいいます。
ビブのことをある会社がスタイという名前で売りだしたことからスタイと言う名前が多く使われているそうです。

【Tオール】
Tシャツの裾を長くし股の部分をズボン式にした形のものです。
肩にあるスナップをはずしてかぶり、普通股下はスナップで留められる形になっているのでオムツ替えが楽な上にこれ一枚で夏はお出かけにも着ていけるので便利です。動いてもお腹が出ないスタイルは 春夏用のアイテムとして必需品です。

【ボディスーツ】
上下つなぎの体にフィットする肌着で股下をスナップで留めます。
襟付き・丸首・ハイネックや半袖・ランニングタイプ・長袖等季節に合わせて選べます。赤ちゃんの肌着のほとんどがこの形で必需品ともいえます。抱っこする時等激しく動いてもお腹が出ないので赤ちゃんに最適です。

【ベビードレス】
新生児用のワンピース型の服を主にいいます。
着脱しやすい前あきが多く裾は足がすっぽりかくれる長さの物が多いです。お宮参り、退院時などに着用することが多いです。

【ラトル】
新生児期に赤ちゃんをあやすときに使い赤ちゃんが握りやすいよう長細かったりドーナツ型だったりする小さいおもちゃのことです。形はどうぶつや乗り物の形をしたものが多く、布や木で出来ているものが赤ちゃんには安心です。

【ミトン】
あかちゃんの手袋のことです。指が分かれていないタイプで新生児の頃つめで顔を木津つけてしまう事のないようつけてあげることもあります。

ベビー服の用語を覚えればショップへ出かけたときに、ベビー服をもっと選びやすくなると思います。ベビー服の選び方についても別ページ(赤ちゃんの年齢に合わせた賢いベビー服の選び方)にてご紹介していますので参考にどうぞ♪