覚えておこう!ベビー肌着とベビーウェアそれぞれの種類と機能


育児・マタニティコンテンツマタニティー服マタニティー服の選び方育児についてchild dress dictionaryリンクプリザーブドフラワー

 



 

 

ベビー服の種類

赤ちゃんとお母さんにとって、肌着・ウェア選びはとても大切です。運動量が多く、たくさん汗をかく生まれたばかりの赤ちゃんは肌着を一日数回取り替えることもあります。肌着・ウェア選びはとても大切な事です。また、ベビー服は出産祝いとしても贈られることが多いので、検討している方は、こちらで参考にしてみてください。種類について、こちらで大体把握できたら実際にショップやネットで調べるのもいいですよ♪人気のカーターズもインポートショップで見かけるのでオススメです♪

赤ちゃんが通常着る肌着と、ウェアの種類についてご紹介します。

ベビー肌着

短肌着

日本で昔から着られていた肌着で、丈の短い肌着の事です
合わせになっているので、肌着を広げた上に赤ちゃんを寝かせると、寝かせたまま着替えが出来る、着替え楽なタイプになります。割と数の必要になると思いますので、知人や友人への出産祝いの贈り物としておすすめです。

寒い季節には長肌着を重ね合わせて着ます。
まだ首が据わってない月齢(0〜3ヶ月ぐらい)の小さな赤ちゃんが着用します

長肌着

日本で昔から着られていた肌着で、丈の長い肌着の事です。
合わせになっているので、肌着を広げた上に赤ちゃんを寝かせると寝かせたまま着替えが出来る、着替え楽なタイプになります。

短肌着と合わせて暖かくすごすときなどに着ます。
まだ首が据わってない月齢(0〜3ヶ月ぐらい)の小さな赤ちゃんが着用します。

コンビ肌着

日本の肌着で、寒いときは短肌着の上に重ね着などをしたりします。
足部分にスナップが付いているので、赤ちゃんの動きに対応できるタイプの肌着です。

合わせになっているので、肌着を広げた上に赤ちゃんを寝かせると、寝かせたまま着替えが出来る、着替え楽なタイプになります。
まだ首が据わってない月齢(0〜3ヶ月ぐらい)の小さな赤ちゃんが着用します。

ボディスーツ

動きやすく、赤ちゃんにフィットするタイプが、ボディースーツ肌着です。
上からかぶせて着ます。その上にカバーオール=赤ちゃんのお洋服を着ます。
日本ではゆるみのある肌着の方が通気性がいいと考えて、短肌着の様な着物式の肌着を着せていましたが、欧米では「体にフィットした肌着の方が汗を確実に吸い取り動きやすくていい」と考えています。
最近では日本でも欧米型のボディスーツが人気です。

合わせボディ

日本の短肌着の様に打ち合わせで広げられて、とても着せやすい感じにボディースーツのフィットする良さが加わった肌着です。

色柄も可愛いものもあります。
まだ首が据わってない、新生児から歩き歩き始める前までの赤ちゃんが着用します。

ラップアップ
ボディ肌

ボディ肌着のよさと、合わせ肌着のよさが合わさった機能肌着です。
おむつ部分がパタン!と全部開くのでオムツ替えが楽ちんです。

月齢が小さいときなど、一日に何度もおむつを変えるのでデザインがお好みであれば、この肌着をお勧めいたします。

ベビーウェア

ロンパース

赤ちゃんのお洋服で、つなぎになっているタイプの総称です。
肌着の上に着用します。

長袖のもの、半袖のもの、オーバーオールなどさまざまなタイプがあります。
月齢の小さな赤ちゃんは寝ていたり、よく動いたりしますので、お腹が出ないような、つなぎのタイプが好まれます。

カバーオール

赤ちゃんの肌着の上に着る、つなぎで足の部分が長いタイプの洋服です。
全部をカバーしているといった意味と思われます。

月例の小さな赤ちゃんはよく動いたり、寝ていたり、お腹が出ないような、つなぎのタイプが好まれます。

ツーウェイ
オール

足元をスナップで留めかえると、ドレス風とパンツとの2wayに着て頂ける、肌着の上から着るベビー服です。

新生児から3ヶ月頃までよく着ます。
50〜70というサイズが一般的で、肌着の上から着ます。

recommend

2016/7/11 更新